子育てに掛かるお金のことを書いています。

郵便配達のアルバイト経験

19歳の時から26歳まで郵便配達のアルバイトをしていました。
きっかけは学生が冬休みに自転車で年賀状を配るバイトを紹介してもらったのですが。
原付の免許を持っていたためそのまま引き続き採用されました。

最初の数年はひたすらバイクに乗って郵便を配るだけだったので、やりがいもあり人との触れ合いなどためになることも多かったです。
時給は年数がたち配達箇所が増えたりスキルが上司から評価されたら上がります。最初は800円くらいでした。
良い所は残業を5分単位でつけてもらえるので時給が安い時などはその分稼げるところです。
それとこれは自分が田舎の方を配達していたのが要因ですが、配達中お年寄りが声をかけてくれて野菜などをもらってました。
それがキッカケで話したりと人間関係も大事だと思うし貴重な経験ができました。

キツイのは体力が必要なところです。雨の日も雪の日も配達なので、自分は慣れるまで仕事終わって家に帰るとすぐに力尽きて寝てました。
強風や凍結した路面をバイクで走るので技術も必要ですし、ある程度のケガはつきものです。
盆や年末など普通の企業が休みの時なども全く関係なしに仕事という点では中々厳しかったですが、当時は仕方ないと思い気にしていませんでした。

おかしくなったのは民営化して営業を重視するようになってからで、かなり働きにくい職場になってしまいました。
まず朝礼でロープレといって社員同士で営業の訓練をするようになったり。
ただでさえ早く準備をして出発したいのにそこで時間を使い。
そこに時間を使っているのに、無駄な残業をするなとの指示があったりと、かなり矛盾を感じました。

営業の内容はハガキや切手はもちろん、どう考えても売れそうにないカタログギフト。
お中元や母の日などはまだマシですが、季節ごとに鍋やラーメンなど訳のわからない商品をノルマ分売らなければなりません。
配達してたらだいたい分かってきましたが、そのうちのほとんどが郵便局社員やバイトが自腹で買っているのが実情です。
正社員はともかくバイトの人間が給料からお金を払い商品を買わされるのは明らかにおかしいと思います。

精神的に病んでしまう人も多く、自分がいた間にも数人の方が精神的にやられて入院や退職されていました。
正社員である程度の給料がもらえるなら我慢できるかもしれませんが、時給800円くらいでやる仕事では無いと思います。

アルバイトをしていた理由っていうのが病院に通ったり入院した時に組んだメディカルローンっていうものの返済があるからです。

私は持病があり、入退院を繰り返していた時期がありました。今はそういったことはなくなりましたが、その時の支払いが続いているのです。

ちなみに借りたところ⇒こちら

弁護士に債務整理のお願いをしますと、金融業者に対して即座に介入通知書を発送して、返済を止めることができるのです。借金問題を何とかするためにも、第一歩は弁護士への相談です。
払えないのなら、それなりの方法を考えるべきで、ただ単に残債を放ったらかしにするのは、信用情報にも確実に載ってしまいますから、現状に合わせた債務整理手続きを進めて、積極的に借金解決をするようおすすめします。
借金を完済済みの方にとりましては、過払い金返還請求に踏み切っても、不利益を被ることはありません。支払い過ぎたお金を返戻させましょう。
世間を賑わしている過払い金とは、クレジット会社や消費者金融、そのほかデパートのカード発行者などの貸金業者が、利息制限法の限度額を超えて集めていた利息のことを指すのです。
たとえ債務整理手続きにより全部完済したと仰ろうとも、債務整理をしたという結果は信用情報に入力されますので、5年間という年月はキャッシングだったりローンにて物を購入することは想像以上に困難だと覚悟していてください。

任意整理というのは、その他の債務整理とはかけ離れていて、裁判所で争うことを要さないので、手続きそのものも手早くて、解決するまでに費やす時間も短くて済むことが特徴だと言えます
インターネット上の質問&回答ページをチェックすると、債務整理にも拘らずクレジットカードを新しく持てたという記載を見つけることがありますが、この件についてはカード会社によりけりだということでしょうね。
裁判所の助けを借りるという点では、調停と何ら変わりませんが、個人再生と言いますのは、特定調停とは違って、法律に従い債務を少なくする手続きです。
弁護士にお任せして債務整理を実施しますと、事故情報ということで信用情報に5年間記録されることになり、ローン、あるいはキャッシングなどはほぼすべて審査を通過できないというのが実情です。
債務整理のターゲットとなった金融業者では、5年間という時間が過ぎても、事故記録を長期的に保有しますので、あなたが債務整理を行なった金融業者に頼んでも、ローンは組めないということを知っておいた方がいいと思われます。

借金返済の可能性がない状況だとか、貸金業者からの催促が怖くて、自己破産して楽になりたいと思うなら、早急に法律事務所に行った方が賢明ではないでしょうか!?
ご自身に向いている借金解決方法が明白になっていないと言われるなら、とにもかくにも料金なしの債務整理試算ツールを通じて、試算してみるといいでしょう。
たった一人で借金問題について、悩んでしまったり気分が重くなったりすることは止めたいですよね?その道のプロフェショナルの知識と実績を信じて、最も適した債務整理を行なってください。
専門家に支援してもらうことが、とにかくお勧めできる方法です。相談に乗ってもらえば、個人再生を敢行することが一体全体自分に合っているのかどうかが見極められると思われます。
ご存じないと思いますが、小規模個人再生と言われるのは、債務総計の2割か、それが100万円以下であるのなら、その額を3年間以内で返済していくことが求められます。

 

 

出産や育児により収入減

出産を機に育児休業を取得しています。1年は育休手当金が出るのですが、その後は手当は出ません。復職すればよいのですが、保育園に空きがなく、復職は来年の春の予定です。そのため、収入がかなり減少して生活が苦しくなっています。今まではわずかでも貯金が出来ていたのが、出来なくなり、時々赤字になります。
そして何より問題なのは、冠婚葬祭費です。今までは予測して積み立てていたのですが、積み立てが出来なくなり、また結婚出産ラッシュで出費が重なります。
自分お祝いしてもらっているし、仲の良い友人のお祝い事なので、快くお祝いをしたいのですが、正直続くと家計が厳しいです。1年間で結婚式は3回、結婚しそうな子もたくさんいるので、もっと増えそうです。出産予定の子も続々。みるみるうちに貯金が減っています。
もう一つは食費がなかなか減らすことが出来ないことです。夫婦二人だけで食べていた時は3食作っても外食費抜きで2万円くらいでした。子供が離乳食を完了しつつあり、食事を大人並に食べるようになったので、食材が多く必要になりました。また大人だけだったら少しは適当になるのですが、子供のことを考えると栄養バランスを考えたり、骨のない魚を買ったり、出来るだけ新鮮な野菜を選んだりしていると最近は3万円くらいはかかります。半額商品を狙ったり、底値を把握して安いものを買うように頑張っています。
まずは食材の使い切りと、スーパーに行く頻度を減らさなければと思っています。食材や量を減らしたり偏らせてしまうのは、健康的ではなく逆に医療費がかかるといった問題もあるので、難しいところです。
今考えている一番の解決策は、まずは仕事復帰をして貯金を殖やすこと、そして第二子は計画的に家族計画をすることです。
次の復帰の時期やそれによって「どのくらい育児手当がもらえない時期があるなのかを考えて予測をたてていく必要があります。貯金を殖やしたりそれに合わせて第二子を作りたいと思っています。

今の生活では、たまにキャッシングを利用することもあるんです。

主婦がキャッシングできるところ⇒こちら

なめた考え方でキャッシングを利用するための審査を申込むようなことがあったら、本当なら通るはずだと思われる、新規のキャッシング審査ということなのに、通してもらえないなんて結果になることだって実際にあるわけですから、あまり軽く考えないほうがいいでしょう。
通常は、仕事がある社会人なら、事前に行われる審査を通過することができないなんてことはほとんどないのです。正社員でなくてもアルバイトやパートの方も便利な即日融資を認めてくれるケースが大半を占めます。
近年キャッシング会社のホームページで、事前調査として申請していただくと、キャッシングの可否の結果がさっと出せるサービスも選べる、キャッシングのやり方もどんどんできてきているのです。
みんなが知っているメジャーなキャッシング会社というのは、著名な銀行本体、または銀行関連の会社やグループの管理運営であり、ネット上での利用申込にも対応でき、どこにでもあるATMからの返済もできますから、非常に便利です。
貸金業法という法律では、借り入れのための申込書の記入にも色々と決まりがあって、キャッシング会社において間違えている個所を訂正することは、できないと定められているのです。万一書類に記入ミスをしたケースでは、訂正箇所を二重線で抹消しはっきりと訂正印を押さなければ書類が無効になってしまいます。

新規融資の申込みから、キャッシングによる振り込みがされるまで、一般的な融資と違って、スムーズに手続きできれば最短で当日という会社が、いっぱい。だから大急ぎで借り入れをしたいときは、何種類かのうち、消費者金融系の会社が提供しているカードローンを選ぶのがベストです。
急な出費にも対応できるキャッシングを使いたい場合の申込方法は、今まで通りの店舗の窓口はもちろんのことファックスを利用したり郵送、オンラインでなどたくさんのものがあり、キャッシング会社によってはいくつか準備されている申込み方法から、希望のものを選択して申し込みをすることができるものもあります。
インターネットを利用できるなら、消費者金融なら頼みの綱ともいえる即日融資ができる、かも知れません。あくまで可能性なのは、前もって必要な審査を受ける必要があるので、無事にそれを通過したら、消費者金融で即日融資を受けられるという意味を伝えたいのです。
最近実施会社の数が増えている一定期間(最大30日間)の、金利が本当に不要な無利息キャッシングを利用した場合は、融資してくれたローン会社に支払うお金の総計が、無利息期間分は必ず安くなるわけなので、かなりうれしいサービスです。なおこれほどのサービスにもかかわらずローンを組むための審査が、普通のものに比べて厳格になることもないのです。
当日入金もできる即日キャッシングによるキャッシングができるキャッシング会社って、予想以上にたくさん存在します。どの会社も同じなのは、当日中に振り込みすることができる制限時間内に、必要となっている各種事務作業が全てできている状態になっているのが、不可欠です。

即日キャッシングは、事前審査でOKが出たら、当日中にお金を借りることが可能なとてもスピーディーなキャッシングです。出費がかさんでピンチなんてのはとにかく急に発生するので、どなたにとっても即日キャッシングで貸してもらえるというのは、闇夜に灯火だと思うことになるはずです。
キャッシングの前に行われる「事前審査」なんて固い言葉を聞くと、難しい手続きのように考える方が多いというのも確かですが、たいていの場合は決められたデータやマニュアルを使って、結果が出るまでキャッシング業者側で処理されるものなのです。
実際のキャッシングの際の審査では、1年間の収入がいくらかとか、現在勤続何年かということなどの点を審査の対象にしています。今回申込を行うよりも前にキャッシングで返済遅れがあったなどの信用データについても、プロであるキャッシング会社には完全にばれている場合がほとんどですから申込は正直に。
消費者金融会社が行っている、即日融資というのは、他に類を見ないほどの速さなんです。たいていのケースでは、お昼までに書類をそろえて申し込みが終了して、融資のために必要な審査がスムーズに進むと、その日の午後にはお望みの額面を振り込んでもらうことが可能。
新たなキャッシングの申込のときに、自分の勤務先に電話をかけられるのは、回避するわけには行きません。実はあの行為は在籍確認と呼ばれているもので、所定の申込書で申告があった勤務場所に、勤めているかどうかについて確認したいので、あなたが働いている現場に電話を使ってチェックしているのです。

 

頑張っているのになかなか貯金が増えない

結婚して、子どもが生まれて、家も購入して順風満帆にも感じますが、意外とお金が貯まっていかないのが悩みです。
他に不満が無いだけに、かなりこの問題が気になってしまいます。

毎月保険という形で貯蓄はしていますが、あくまでも保険というかたちなので満期になるまではそのお金に手をつけることはできません。
とりあえず何かあった時のためのお金として、または車を買い替えたりする必要が出た時にお金として貯金をしたいのですが、今の収入だと難しいのが現状です。
なんとか赤字にならないようにするのが精いっぱいです。

夫のお小遣いを減らすというのは、簡単ですがそもそもそこまで多い額ではないのに毎日働いてお小遣いもあまりないというのはかわいそうなので、それはできません。
私と共通の趣味に使うお金を減らすというのは、現時点でもぎりぎりまで切り詰めているので難しいでしょう。
つまり、現在のところこれ以上削れそうなところはあまりないということなのです。
それで貯金が思ったように増えていかないのが悩みです。
もちろん毎月お金が余らないというほどではありません。
でも、本音としてはもっと貯金をしたいのにと感じて、歯がゆい思いをしています。

思ったよりお金がかかることがたくさんあるので、貯蓄は多ければ多いほど良いと思います。
ただ、毎日貯蓄のためだけに生きているようになるのは精神的に辛いので嫌です。
そこのバランスの難しさにも悩んでいます。

我が家には大切な家族のわんちゃんがいます。結構老犬なので病院代が前よりも掛かるようになりました。それも痛い出費なのですが、大切な家族が調子悪くてそのままにしておけるわけがないので病院に連れて行っています。

昨年は全然食べないな~と思って病院に連れていくと、両性の腫瘍ができていてすぐに手術が必要となり・・・ペット保険とかに入っていなかったためすべて自腹になってしまい、入院費を含め40万円ほどかかりました。さすがに一括で支払うことができなかったのでローンを組んで支払うことになってしまったのです。

参考に・・・犬の治療費

お金は掛かってしまったけれど、ワンちゃんは元気にご飯も食べるようになり元気に走り回っているので一安心しました。

お金がないからってひとつの命を諦めることはしたくないので、ローンが組めるところがあって良かったです。

嘆いていても仕方ないので、私はなるべく買い物に行く頻度を減らしたり、出かけるときの飲み物をあらかじめスーパーで買っておいたりと小さな節約を心がけています。
また、収入を少しでも増やすべく在宅でできる仕事をしたりもしています。
そのおかげで自分の稼ぎだけでどうにか趣味の分と自分の貯蓄型の保険くらいは賄えています。
子どもが大きくなってくるともっとお金がかかるので、私自身の収入をさらに増やしたいです。
そして、これからも家族の助けになり、自分が楽しく暮らせるように努力を続けていきたいです。

 

キャリネス ボディクリーム・妊娠線防止クリーム

妊娠線の跡が恥ずかしくて旅行先で温泉に入れないと悩んでいる人もいますし、水着も着れないと淋しい思いをしている人もいます。衣服のなかに隠れてしまうからいいとは言いきれないのが妊娠線です。

しかし、妊娠線予防クリームも効果のあるクリームが開発されて妊娠線が出来ずに過ぎた妊娠婦さんも多いです。一度出来てしまった妊娠線を消すのは難しいため、妊娠線は予防が一番の対策です。

そもそもの妊娠線を防ぐためには妊娠線防止クリームが人気ですね。これはできてしまった妊娠線を消す効果はうたわれていませんが、予防しておけば消す必要はありませんので確認しておきましょう。(確認・・・【ヒロキ】の妊娠線防止クリーム厳選比較※安いだけでなく効果で選ぶ

妊娠線予防には欠かせない妊娠線予防クリームのなかでも大きな効果をあげて経験者に評判なのがキャリネスブランドがお届けする、<キャリネス ボディクリーム>です。

妊娠して、そして出産までの280日。この期間お腹の中で赤ちゃんが成長していくかけがえのない時間です。赤ちゃんも急速に成長しますが、ママの体にも大きな変化が起きている時期です。

妊娠中のママの体は、貧血になったりすねや足がむくんだり、便秘になったりホルモンバランスが崩れているので精神的に不安定になったりと、体の不調で大変な思いをする時期です。

さらには妊娠中に妊娠線予防のケアをしておかないと、ほぼ消えることのない妊娠線になってしまいます。

様々な体の変化が起こっている妊婦さんをサポートし、妊娠線の悩みを解消するお手伝いをするのがキャリネス ボディクリームです。

朝晩のキャリネス ボディクリームとマッサージで、皮膚に亀裂が出来ることでおこる妊娠線のたしかな予防効果期待できます。

ゆったりした気持ちで、あかちゃんに優しく話しかけながらお腹の周りをマッサージしてください。

今ではほとんど使う妊婦さんがいないようですが、昔はさらし木綿を1反使った腹帯(はらおび)をしてお腹をガードしていました。

はらおびはお腹にまきつけるのもお洗濯もとても面倒でした。しかし、今から考えれば、日々大きくなるお腹にしっかりと合わせてつけることができました。そして木綿というとても体に良い素材でした。

昔の妊婦さんに妊娠線が少なかったのも、このはらおびも関係しているのではないかと思われます。現代の妊婦さんにはらおびの着用を勧めても無理がありますが、腹帯やガードルで適度に腹部を抑えるのも妊娠線予防に効果があるのでおススメします。

妊娠線予防に一番確実で確かな効果があるのが妊娠線ケアクリームで保湿&マッサージをすることです。妊娠線予防クリームなら、妊婦さんの皮膚の構造や状態を熟知して、本当に必要な成分を配合して作られた妊娠線予防クリーム<キャリネス ボディクリーム>をお選びください。

それらの原材料に加え、さらに保湿が長時間キープされるヒアルロン酸の100倍の保湿効果がある「PGA」を加えて配合されていて、妊娠線の予防にも出来てしまった妊娠線を消す力を遺憾なく発揮するクリームとして注目されています。

妊娠線の予防と、そして出来てしまった妊娠線を消すことが出来る驚きのクリーム<PLAGENTRA(プラジェントラ)>の力をあなたご自身でお試しください。

低金利のローン会社を選ぶ

金利は低いところでお金を借りるというのが重要です。よく言われるのが銀行の金利は低いけど、消費者金融の金利は高いということです。

でも、利息制限法によって金利は決められているので、消費者金融の方がべらぼうに高いというわけではありません。数パーセントは銀行よりも高い設定になっているところが多いですが、たかだか数パーセント程度です。まあ、この数パーセントの金利で返済額が大幅に変わってきたりするので馬鹿にできる数字ではないですけどね。

ただ、だからと言って消費者金融をお金を借りるところの検討するところから削除するのもちょっとおかしいですね。消費者金融には消費者下院夕でいいところというかメリットがあるわけですから。

金利が高いはず、等というバイアスにとらわれることなく、消費者金融業者を比較検討するのもいいかもしれません。審査結果と融資商品の内容によっては、思ったより低金利で借り換えてしまえることだって時々あります。

元々担保が要らない融資であるわけですが、銀行と変わらず低金利をアピールしている消費者金融業者だって結構あります。そんな消費者金融は、インターネットを利用して手軽にみつけることができます。

試しにネットで「消費者金融の口コミ」で検索すると、とてもたくさんの個人のホームページが見つかります。いったいどのあたりまで信頼できるのだろうなどと困り果てる方も多いかもしれませんね。

そういう方は、こちらのサイトを参考にしてみるといいでしょう。⇒低金利ローン

低金利のローン会社を厳選して紹介しているので信用できるサイトだと思います。

もし、ブラックリスト入りした方でも借り入れできる小規模の消費者金融の一覧表があったとしたら、借金をするのに有効活用できますね。差し迫った必要性があって貸付を頼まなければならない時に、貸付OKの消費者金融系が一見してわかります。ただ、ブラックリストの方がまたお金を借りるというのはあまりお勧めはできません。一度失敗しているわけですので、又失敗してしまう可能性もありますからね。

テレビCMでもよく見かける、みんな聞いたことがある消費者金融系の会社各社は、大部分が最短即日の審査時間で、最短だと即日融資に対応することも可能です。審査にかかる時間も手早いところだと最短で30分前後で終わります。30分で申し込んできた人にお金を貸してもいいかどうか?っていうのを判断するってある意味凄いですよね。

すぐにでも現金が要るという人を対象にして、即日という形でも融資を受けやすい消費者金融を見てみるといいですね。先ほど紹介した低金利ローンのサイトには、消費者金融に関する基礎的な知識や情報などもたくさん掲載しています。

今では消費者金融系の業者への申し込みの際に、インターネットを利用する人もたくさんいます。ネット上で情報を打ち込み、それで申込みすればいいだけですから。

消費者金融系のローン会社から借入をする時に、興味が沸くのは低金利の比較です。2010年6月から改正貸金業法が施行され、業法になって、ますます様々な規制が強化されることになりました。
最近では同じ消費者金融会社間で低金利の競争が勃発していて、上限金利をはるかに下回る金利の設定も、もはやおかしくないというのが実際の状態です。全盛期の水準と比較するととても信じられません。

ウェブサイトで検索したらヒットする消費者金融業者全般に関する一覧には、金利に関する様々なことや利用限度額といった、キャッシング・カードローン関連の詳しいことが、丁寧に要約して載っています。初めてお金を借りるという人は、こういったことが全く分からないと思いますので、よく見てみるといいですね。

銀行グループのローン会社は審査のハードルが高く、信頼のおける借り手を選択して貸し付けを行います。その一方で審査にパスしやすい消費者金融業者は、ある程度リスクの高い顧客でも、貸し付けてくれることが多いです。

本当に借り入れをしてみたら思わぬことがあった、などの興味深い口コミもたまに見られます。消費者金融会社を利用した人の口コミを取り扱っているブログがすぐ見つかると思うので、ぜひ見ておくといいと考えています。

幼稚園の制服代や保育料が負担です

現在、小学生と2人の幼稚園児(4歳・2歳)を子育て中です。そのうち、2人は病気がちなため、働きに出ることができず、専業主婦をしています。主人の給料は平均並みですが、住宅ローンや、私自身の奨学金返済などで、毎月ギリギリです。貯金は、児童手当や、ボーナスでなんとか…、という感じです。それでも、毎日楽しく生活をしていましたが、半年ほど前体調を崩してしまいました。主人と相談をし、一番下の子が卒園するまでの辛抱と思い、今春から2人を幼稚園にお願いすることに決めました。いざ、入園させるにあたり、制服やカバン代、ハサミなどの用具代などが、二人分で10万もかかりました(泣)。覚悟はしていましたが、教育費は本当に家計を直撃します。双子ちゃんのご家庭はこれがずっと続くのかと思うと、ご苦労様ですと言いたいくらいです…。
良かったことと言えば、二人が幼稚園に通園するようになってから、自分の時間を持てるようになったことです。…しかし、いざ始まってみると、入園準備の10万がかわいらしかったと思うくらい、保育料・バス代も家計に重くのしかかってきました。今年度からスタートした子育て支援新制度のおかげで、月々の保育料は若干安くなりました。ですが、満三歳に達していない、第三子は誕生月がくるまで適応されません。そのため、2人分で6万円の負担です。ただでさえ、ギリギリの生活だったので、この保育料をどこから捻出すべきか頭が痛いです。幼稚園はお金が必要という話は聞いていたので、そのための貯金だったと思い、今は、貯金を切り崩しています。子どもが大きくなると教育費はますます大きくなっていきます。本当は使いたくありませんが、仕方ありません。
幼稚園に通うようになってから、私の体調はすごくよくなりました。子どもの成長とともに、病気がちな体も変化していくことを信じて、第三子が小学校に入学するころにはパートに出たいと思っています。
人生には、貯める時期と使う時期があるといいます。
今はその使う時期。幼稚園を卒園するまでなんとかやりくりを頑張って乗り切りたいです。成長したら成長したときに、また別の悩みが出てくるとは思いますが、先のことを考えすぎてもキリがないですよね。目の前の家計を楽しみながら維持していきます!(赤字ですが…、笑)。まずは、旦那のお小遣いから切り込んでいく予定です。