子育てに掛かるお金のことを書いています。

幼稚園の制服代や保育料が負担です

現在、小学生と2人の幼稚園児(4歳・2歳)を子育て中です。そのうち、2人は病気がちなため、働きに出ることができず、専業主婦をしています。主人の給料は平均並みですが、住宅ローンや、私自身の奨学金返済などで、毎月ギリギリです。貯金は、児童手当や、ボーナスでなんとか…、という感じです。それでも、毎日楽しく生活をしていましたが、半年ほど前体調を崩してしまいました。主人と相談をし、一番下の子が卒園するまでの辛抱と思い、今春から2人を幼稚園にお願いすることに決めました。いざ、入園させるにあたり、制服やカバン代、ハサミなどの用具代などが、二人分で10万もかかりました(泣)。覚悟はしていましたが、教育費は本当に家計を直撃します。双子ちゃんのご家庭はこれがずっと続くのかと思うと、ご苦労様ですと言いたいくらいです…。
良かったことと言えば、二人が幼稚園に通園するようになってから、自分の時間を持てるようになったことです。…しかし、いざ始まってみると、入園準備の10万がかわいらしかったと思うくらい、保育料・バス代も家計に重くのしかかってきました。今年度からスタートした子育て支援新制度のおかげで、月々の保育料は若干安くなりました。ですが、満三歳に達していない、第三子は誕生月がくるまで適応されません。そのため、2人分で6万円の負担です。ただでさえ、ギリギリの生活だったので、この保育料をどこから捻出すべきか頭が痛いです。幼稚園はお金が必要という話は聞いていたので、そのための貯金だったと思い、今は、貯金を切り崩しています。子どもが大きくなると教育費はますます大きくなっていきます。本当は使いたくありませんが、仕方ありません。
幼稚園に通うようになってから、私の体調はすごくよくなりました。子どもの成長とともに、病気がちな体も変化していくことを信じて、第三子が小学校に入学するころにはパートに出たいと思っています。
人生には、貯める時期と使う時期があるといいます。
今はその使う時期。幼稚園を卒園するまでなんとかやりくりを頑張って乗り切りたいです。成長したら成長したときに、また別の悩みが出てくるとは思いますが、先のことを考えすぎてもキリがないですよね。目の前の家計を楽しみながら維持していきます!(赤字ですが…、笑)。まずは、旦那のお小遣いから切り込んでいく予定です。